冬季養生該注意哪些問題

カテゴリー

立冬意味著冬季正式來臨,草木凋零,蟄蟲休眠,萬物活動趨向休止。冬季養生該注意哪些問題?
  立冬養生之養腎防寒
  冬季的主氣為寒,寒為陰邪,易傷人體陽氣。陰邪傷陽後,人體陽氣虛弱,生理機能受到抑制,就會產生一派寒象。常見情況有惡寒、脘腹冷痛等。冬季對應的臟器是腎臟,中醫認為腎是先天之本、生命之源,它的機能強健,則可調節機體適應嚴冬的變化,否則就會使新陳代謝失調而發病。因此,冬季養生重點是“養腎防寒”。NU SKIN的專家科研成果:抗衰老科技令護膚品更吸收,並重現年輕緊緻肌膚。抗衰老專家最新推出的LumiSpa組合首創二合一美容方案,深層清潔的同時透過精準振動頻率,喚醒年輕肌膚蛋白,為肌膚注入活力與更新力,即時變得如年輕肌膚一樣水嫩豐盈。


立冬養生之飲食進補
  冬季飲食切忌黏硬、生冷,因為此類食物屬陰,易使人體陽氣受損,飲食調養應以“補”為主。補法中以燉補為佳,燉補製作時間長,有利於營養消化吸收,而且還可以適當加入藥材,以增強療效。燉補時可根據個人體質選用一些高熱量、高蛋白質的食物,如羊肉、鴨肉、鵝肉等。
  立冬養生之運動宜慢跑
  立冬之後,氣候從秋季的涼爽宜人逐漸轉為冬季的寒冷刺骨,萬物開始趨向伏藏,人體在這段時期也要主張補腎藏精,養精蓄銳。nuskin 香港是一家專門針對抗衰老問題而存在的香港公司,裡面項目採用的是全新抗衰老科技,根據用戶各項肌膚檢測出來的皮膚特性提供不一樣的護膚品並且還有針對身體各個項目提供的一系列精品產品。
  手腳是人體的脈稍,適當的加溫也是對身體有好處的,每天堅持用溫熱水洗腳,最好同時按摩和刺激雙腳穴位。每天堅持步行半小時以上,活動雙腳。
  冬天後人們就顯得懶惰,做什麼事情都沒有興趣,最好方法是根據自身健康狀況選擇一些諸如慢跑、跳舞、滑冰、打球等強度不等的體育活動,這些都是消除煩悶、調養精神的良藥
nu skin 如新
  


立冬養生之防感冒
  初冬季節是感冒的高發期。預防感冒,可以說就是預防多種更重的疾病。及時掌握天氣變化,特別是在冷空氣剛來的那幾天,添衣禦寒是預防感冒的重要措施。
  營養不良、過度疲勞、缺睡眠、心情不好以及患有一些慢性病的人更容易患上感冒。因此,如果想要預防或是治療感冒,一定不要忘記增強營養以提高機體抵抗力。要注意營養平衡,同時還要吃容易消化的食物。
  立冬養生之防心腦血管病
  冬季是心腦血管病的高發期,主要是由於早晚溫差大,人的心臟負荷加重,腦部缺血引起的。人們在此時感到的胸痛、憋氣或是頭暈、麻木等,都是人肌體對天氣變化的一系列“應急反應”,是很正常的。而對於那些對環境溫度變化耐受性較差的人或是原本就有心腦血管疾病的人這種反應很可能使心臟、大腦等重要器官出現缺氧、缺血的症狀,以至誘發心腦血管疾病的發生和發展,甚至導致死亡。Neutrogena 面膜機如果配合上該品牌推出的其他產品使用的話,可以幫助肌膚由內而外的逆轉每天所受到的傷害。
  冬季預防心腦血管病,首先要注意保暖,因為寒冷刺激是引起心腦血管疾病的一個重要原因。此外,按時服藥、加強檢查、注意飲食、加強鍛煉、保持樂觀情緒等也很重要。


 


 





流鼻血怎麼辦

カテゴリー

流鼻血怎麼辦?很多人都知道流鼻血的時候掐住鼻子,然後把身子向後傾斜,這樣在很大程度上能夠幫助止血。這也是最常見的止鼻血的方法,那除了這個方法之外還有什麼好用的止鼻血的方法呢?
流鼻血怎麼辦?1、治療首先找出原發疾病,積極治療既可以,如空氣比較乾燥,鼻粘膜也比較乾燥,脆弱,容易出血時可以不定時噴灑水霧到鼻腔中,找原發疾病可以去看醫生,查血壓,腫瘤四項等。網上買急凍蝦方便快速儘在FoodWise,直接送到目的地,省去您出行的不必要麻煩,保證食物保持原本的新鮮,同時還可以去除掉食物的有害物質和細菌,從而使得食物更加的衛生和安全。
  


流鼻血怎麼辦?2、對於出血量小用局部加壓就可以緩解,就是用紗布,或者衛生紙等都可以,一定要有一定的壓力才能止血。
  流鼻血怎麼辦?3、若是出血嚴重的話可以到醫院使用燒灼法,冷凍止血法,翼齶管注射法,以及自己在家可以用填塞法。
  流鼻血怎麼辦?4、冷敷。把冰袋或是用冷水浸濕的毛巾放在額頭或鼻根冷敷,可以使血管收縮,加快止血的速度。謝偉業醫生不忘回報社會,跟香港善學慈善基金聯合人一起在內蒙古為當地的兒童進行義診。被稱為國民最帥眼科醫生的謝偉業積極參加公益活動,擔任香港國際眼科基金創辦人和主席。他從醫故事已經出書《眼睛最美》或有望成為最文藝的科普讀物。
  流鼻血怎麼辦?5、食物也能治療流鼻血
  

糖水蛋清法,採集兩枚雞蛋的蛋清,白糖50克,調勻,以沸水沖熟,一次食完,每日服兩次。本方適用於小兒鼻出血。
  韭菜汁,韭菜250克,搗爛取汁,分3次溫服。常服此方,對經常流鼻血者有效。蔥葉:鮮嫩蔥葉一根,剖開,用棉球反復摩擦蔥葉內膜,使蔥液滲濕棉球,然後將棉球塞入出血鼻孔,即可止血。近視不管是在哪裡都是非常常見的,為了能夠更快的恢復近視有些人會選擇用鐳射的方法進行治療,但是對於一些角膜比較薄弱的人這種方法比較危險,劉芷欣醫生表示有了SMLLE的出現這些都不再是什麼問題,這種治療方法能夠很好的避免這種情況發生。
  流鼻血怎麼辦?6、蔥汁治流鼻血
  用蔥汁塗抹於鼻腔內止血是一個很好的方法。蔥汁味辛,性溫滑無毒,即可散淤血又可止流血。方法是,用大蔥的蔥汁,特別是蔥裏面的年夜治療,把蔥洗乾淨,然後用棉球蘸取黏液後分別塞入兩個鼻孔,連用幾次就有明顯效果。同時,注意多食青菜、水果,多飲水,少吃辛辣、乾燥食品,不挖鼻孔等。


 





斯德哥爾摩一艘現實版的“泰坦尼克號”

カテゴリー

在電影《泰坦尼克號》中,一艘能讓上層社會盡享奢華的郵輪載著眾人的歡呼駛往紐約,卻不幸在其處女航觸礁冰山而沉沒,它豪華、神秘又難逃悲劇色彩。你或許會說這百轉千回的情節是編劇家的狂想,但是在瑞典首都斯德哥爾摩就停靠著這樣一艘現實版的“泰坦尼克號”——洗盡歷史鉛華的瓦薩沉船。《環球時報》記者有幸參觀了坐落在斯堪森島上的瓦薩沉船博物館。有無諗過跟團去泰國?康泰推出嘅五星級豪華泰國旅行團帶你一次過遊遍新加坡、泰國和越南三個地方。參加新加坡、泰國、越南 9 天郵輪團,又唔洗自己計劃行程,仲可以歎盡「鑽石公主號」上嘅娛樂設施,今次真係可以輕輕鬆鬆去旅行喇!
  瓦薩號是1625年,由瑞典國王古斯塔夫二世下令建造的一艘古戰艦,當時被譽為“世間最豪華的戰艦”。這艘戰艦本來是單層炮艦,可是當國王得知瑞典的海上強敵丹麥已擁有雙層炮艦,便不顧本國技術條件的限制,下令將其改成雙層。1628年,這艘裝潢精美、旌旗招展的戰艦首次揚帆起航,誰料行駛不到千米,即遭遇風浪翻覆一邊,又因船體過重而加速了下沉。於是,就像小說安排好的情節一樣,這艘載著皇家的榮耀與希望的戰艦,在海底沉睡,一睡便是三百年。但是人類似乎一直沒有忘記這艘沉沒的戰艦,300多年後的1961年,在打撈團隊的不懈努力下,這艘戰艦竟然重新露出水面。人們在船體內部與周圍發現了大量珍貴的實物。
  即使是今天,置身於沉船博物館,依然能感受到它的威武氣勢。這艘軍艦共有5層甲板,64門大炮,船尾龍骨將近20米高,分50多層,想當年必是金碧輝煌,可與皇家宮殿相媲美。為了便於大家就近參觀,博物館設計者根據艦船本身的佈局,沿船體四角設了雙層看臺,除去支撐船體的下部吃水部位外,一走進博物館內,即可看到艦船底層的內部設施。登上一層樓後,在高臺走廊上,則可將船上的景物一覽無餘。香港人平時工作壓力大,難得有大假去旅行未必一定要自由行!報個台灣旅行團,比自己輕輕鬆鬆出走幾日都係個唔錯嘅選擇。4日嘅行程包括去宜蘭親親大自然、菁桐懷舊車站同十分瀑布,仲有得入住有私人冷熱泉嘅嘅酒店,真係好Relax呀!
  艦身旁邊的展覽室裏,則陳列著從海底打撈上來的瓦薩號上的實物,其中有帆、炮、人體骨骼、水手服、工具、金幣等。在“船上生活”展覽室裏,還陳列著當時“瓦薩號”船上生活的模型:一群水手正在推磨、釀酒、擦大炮;一些軍官正在喝酒、談笑,其景象讓人馬上聯想到《泰坦尼克號》之中的場景。
  瓦薩號戰艦不僅是世界上被打撈起來的最古老和保存最完整的戰艦,而且是一個巨大的藝術寶庫。博物館的工作人員告訴筆者,瓦薩戰艦至少載有700多件精雕細刻的藝術品,它們還原著17世紀瑞典人民與軍隊最真實的生活狀態與風靡的巴洛克藝術成就。
  耗資如此之高如此壯觀的一艘戰艦竟然在它的處女航沉入海底,甚至還沒來得及像世人炫耀它的力量與壯美。一時間人們對瑞典國王心生怨念,都怪他的貪圖與攀比心,才釀成慘劇。正是面對歷史的巨大傷痛,瑞典人開始變得小心謹慎,逐步退出了海上征戰的時代,對和平的嚮往越發強烈。在幾百年之後的兩次世界大戰中,瑞典堅守“和平中立”的政策,免遭厄運。或許,這就是歷史對歷史的救贖。睇紅葉唔一定要去日本!宜家跟團去韓國都一樣可以,韓國旅行團仲可以帶你去較少人去嘅地方賞紅葉,例如位於鐘路區嘅昌慶宮,咁就可以慢慢影番輯紅葉寫真啦!仲可以去韓劇《鬼怪》取過景嘅德壽宮石,欣賞銀杏紅葉互相輝映,如詩如畫嘅美景!







紅血絲能自己修復嗎

カテゴリー

潮紅型
描述:皮膚在輕微刺激下,甚至在沒有什麼刺激情況下也很容易出現大面積潮紅。看不出明顯的絲狀血管,只是紅。刺激因素消除後,紅要過一陣子才能退,在接連刺激下(如每天暖氣),潮紅持續或者加重,不會消失,但皮膚沒有其他問題,如脫屑、脂溢性。
原因:皮膚已經有輕微炎症或者中度損傷,表皮已經非常薄。平時不注意防曬、過度護膚、過度去角質到一定程度就是這種。可能伴有起疹——注意,這不是痤瘡。鐳射治療、果酸煥膚等術後護理不當,也會有此類情況發生。Pretty Renew全程無推銷,感覺幾好,都快睡著了zzz。替我做膠原蛋白體驗的喬丹Jordan幾真認真,仲同我講咗唔少護膚的知識,小姑娘是護士出身,果然是比外面亂七八糟的美容店專業好,不錯哦!
護理方法:同2-1。先要檢討自己的護膚行為是否恰當、是否存在前述各種刺激和損傷因素。特別說明:請注意,前文寫到了持續或加重。臉紅也可以是人的正常生理活動或環境適應中造成的,正常人在激動、熱、冷、悶熱環境,都可以臉紅,但這不等於紅血絲,因為在這些因素消除後,紅可以立即消退。
持續炎症型
描述:皮膚不僅持續發紅、起疹,還伴有脫屑、脂溢,甚至感染,使用一些化妝品會有刺痛,這類是由炎症繼發而產生的,其根源在於炎症,而不是紅血絲或者屏障本身。
原因:對於護膚過度者,多因皮膚受到過多刺激和損傷後,皮膚失去足夠的防禦力,導致細菌感染、真菌感染等等,有的還會出現膿包。另一類正常皮膚因某些因素感染、發炎,因為炎症導致皮膚發紅。常見的有脂溢性皮炎、激素依賴性皮炎混合的真菌感染發炎。玫瑰痤瘡、口周皮炎也會導致皮膚發紅,屬於常見飛速。總的來說,炎症型不能算是紅血絲,但是:可以導致紅血絲。
護理方法:首先檢討是否有過護膚過度和刺激因素,先去除此類因素,然後視嚴重程度決定就醫,並使用安全性較高的醫學護膚品。
蛛網型
描述:最嚴重的類型,皮膚緊繃、發亮、薄,肉眼可見粗大鮮紅、密如蛛網的紅血絲。這種紅血絲的擴大是永久性的——沒有刺激因素情況下也明顯可見,有刺激因素就更加厲害。
原因:血管實質性擴大。通常是激素依賴性皮炎、日曬傷、酒渣鼻等的後果。不得不說由踏進Pretty Renew到離開,其員工的服務也很貼心,因為在完成療程後員工亦為我奉上曲奇和花茶,但卻沒有刻意地進行傳銷,所以我亦十分放心再來Pretty Renew 進行其它美容療程。
護理方法:護膚品難以處理,不過現在已經有鐳射或強脈衝光可以更好的處理。通過光熱作用,將這些血管封閉,血液不能再通過。
而關於紅血絲自動修復問題
臉上紅血絲一旦出現就意味著我們要開始細心呵護自己臉部的肌膚了,這是因為只有臉上角質層特別薄的人群才會出現紅血絲。很多人覺得自己臉上的紅血絲在經過一段時間後會有淡化等現象,所以不由得會問紅血絲能自己修復嗎?你一定很想知道吧?
紅血絲能自己修復嗎
紅血絲不可以自己修復,這是因為紅血絲是皮膚毛細血管擴張所引起的,而毛細血管一旦擴張就不會自己修復,只有配合正確的護理以及去除臉上紅血絲的方法才能讓紅血絲遠離臉部。
去除紅血絲需遠離酒精
去除臉上的紅血絲之前必須先遠離酒精,這是因為酒精類型的物質,會直接刺激臉部的肌膚,促使臉部微血管受到刺激,從而使得臉上紅血絲更加嚴重。
去除臉部紅血絲在平時不可接觸酒精、咖啡以及茶飲,這些都是刺激神經細胞,加重臉上紅血絲症狀的物質。
去除紅血絲需補充維生素C及P
飲食上的調理也是可以很好的修復臉部紅血絲,平常多吃含維生素C和維生素P的食物,例如花茶、果汁、水果等這些都有豐富的營養,還能美容。
去紅血絲需按摩紅血絲部位
在日常的護理中可以使用精油在紅血絲部位輕輕按摩,通過按摩可以促進血液流動,有助於增強毛細血管彈性,從而修復臉部紅血絲。
而按摩臉部皮膚的時候用“一松一按”的形式按摩臉上的皮膚,在按摩臉部之前必須確保雙手清潔,不要將手上的細菌帶手臉部,從而使臉部皮膚過敏。Pretty renew 美容中心進行激光脫毛療程,來到Pretty renew旺角雅蘭分店,地點很方便,地鐵站E出口步行兩分鐘便到。
冬季防寒防乾燥
面部出現紅血絲的妹紙都是皮膚相對比較敏感,所以對於臉部的護理就要十分重視,冬季要避免肌膚乾燥不要出入溫差較大的地方,這樣會導致紅血絲加重。
紅血絲的修復過程中一定要謹慎選擇治療方法,從多方考證該療法的治療效果是否安全有效。並且在日常生活中要保持良好的心態,積極治療,樹立戰勝疾病的信心。




時間」を設ど変わ

カテゴリー

雨? 風? そんなのなーんでもなかったわよという風情。

 インナーマッスルを鍛えると脳も活性化さPretty Renew 代理人れるらしい。(昨日のTV番組によると)
 なので夕べから真面目に取り組んでいる。ゆっくりと、ていねいに。

 考えてみると、自主的に「体育のけた方がいいだろPretty renew 美容うと何年も通っていたスポーツジムを、パタリとやめてしまってから思うように書けなく(ひらめかなく)なってきたんじゃないかという気がする。あのころ、わたしはなんだかいろんなことが嫌になって、じぶんを鍛えることも「もういいや」と放棄してしまったのだ。「行かなきゃ、行かなきゃ」というプレッシャーから開放されるだけで、ほかにはいいこともないのに……。今となってはもう、通う元気からしてないし、激しい運動をして汗をかくことがストレス解消とも思えなくなってしまった。体重はほとんらないけれど、確実に変化している。どこもかしこも。

 フラダンス、インナーマッスルに効くらしい。
 ジムのクラスにもあったけれど、なんだかグルPretty Renew 代理人ープが出来上がってしまっているみたいで入りにくかったことを今さら思い出す。あのとき始めていたら……と思う。

 けれども、
 あの時はじめていたら、あの時やめていなかったら、よりも、今からのことを考えないとね。現在のわたしが一番若いのだから。



は少し離れた

カテゴリー

 今日も犬の散歩の途中に、木蓮と枯れた木の実の枝を眺める。写真を撮るならどのアングルがいいかなと見ながら、やはり通り過ぎる。今日はポケットにiPhoneだけ。

 どこからか低くリズミカルな声が聞こえていた。最初は、楽器の練習を補助するために拍子を取っているのかと近くの閉ざされた窓を見上げたが、児童公園が近くなるとそれは子どもと遊ぶ若いお父さんの歌声だった。

 とんとんとんとん ひげじいさん
 とんとんとんとん こぶじいさん
 とんとんとんとん てんぐさん
 とんとんとんとん めがねさん
 とんとんとんとん 手はうえに
 キラキラキラキラ 手はおひざ

 シーソーの向かい側に2歳くらいの子供を座らせ、お父さんはリズムに合わせて楽しそうに身体を上下させている。
 なつかしい。「さあ、これから少し静かにしましょうね」という準備のときに幼稚園でよく歌われていた手遊び歌だ。

 日も影って公園にはその親子だけしか居らず、私と犬通りを歩いている。その私達を、それまで黙ってシーソーに乗っていたその子供が目ざとく見つけて、「あ、わんわんだ! わんわんだ!」と大きな声を上げた。すると、すかさずお父さんも「わんわんだ! わんわんだ!」と一緒になって無邪気に言うから、私はなんだか可笑しくて、でもその様子は愛おしくて、そして少し困ってしまう。

 子供が「わんわんだ!」と言うとお母さんが「そうだね、わんわんだね」と応える光景にはよく出会うけれど、ふたりに「わんわんだ!」と言われたのは初めてかもしれない。「そうだよ、わんわんだよ!」 心の中でそう答えながら私は、素知らぬ顔で先を行く「わんわん」の背中を追う。ごめんね愛想がなくて。



笑い出した

カテゴリー



 依田の鋭い眼光と勢いに押されるように、早苗は答えた。依田は、急に我に返ったような苦笑を見せた。
「いや、失礼泡菜 食譜しました。あなたに文句を言ったって、しかたがないですね」
「どんどん、言ってください。私の仕事は、人の悩みを聞くことですから」
 依田は、しばらくぽかんとした顔をしていたが、。
「あなたは、なかなか面白い人ですね」
「お褒めにあずかったものと、解釈しておきます」
 早苗は、三眼顕微鏡や、小さなプラスチックのシャーレなどが置いてある机の上に目をやった。
「渡邊先生から伺jacker薯片ったんですが、依田先生は……」
 依田は、顔をしかめた。
「先生っていうのは、やめませんか。こっちもあなたを先生と呼ばなきゃならなくなる。小学校の職員室じゃあるまいし、お互いに『先生』、『先生』と呼び合うのは滑稽《こつけい》だ」
「では、依田さんは、『線虫』の専門家と伺ったんですが」
「ある意味では、そのとおりだが……。あなたは、線虫については、どの程度ご存じですか?」
「ほとんど何も。一応、大学で寄生虫病に関する講義は受けましたが」
 依田は、また、鼻を鳴らした。
「最近の医学部では、まだ、講座があるだけましだな。じゃあ、まず、私がふだん研究に使ってる線虫を、見せましょう」
 依田は、机の上からシャーレをひとつ取ると、早苗に手渡した。依田は、強面《こわもて》の風貌《ふうぼう》にもかかわらず、意外に白くきれいな指をしていると思う。
 早苗はシャーレを手に取って目を凝らしたが、空にしか見えなかった。
「どこにいるんですか?」
「中央に、小さな糸屑《いとくず》のような物が見えるでしょう?」
 さらにシャーレに目を近づけると、長さ一ミ幫助消化リほどの、髪の毛よりもずっと細い物体が見えた。かすかに動いているのがわかる。蓋《ふた》の閉まった容器の中だから、空気の振動によるものではない。
「線虫って、こんなに小さいものなんですか?」
「まあ、種類にもよるんだが」



用意されているの

カテゴリー



 教師にしてみれば、授業に全然関心を払っていないのが明白なのにもかかわらず、当てればきちんと正解を言うため、怒ることもできない生徒というものは、実に腹坐骨神經痛立たしい存在だった。しかも、保護者面談の席で母親にそのことを指摘すると、逆に、授業のレベルが低いのだと仄《ほの》めかされる始末では、むしろ頭にこない方が不思議だった。
 曾根というベテランの女性教師は、自然な成り行きとして、信一に対する憎しみを募らせていった。授業では信一を一切指名せず、それ以外でも完全に無視するようになった。信一はただ、そうした状態をあるがままに受け入れるしかなかった。
 そうした中でも、信一の日常は、あいかわらず完璧《かんぺき》な一週間のサイクルを繰り返していた。たまにハプニングとして、お稽古ごとの一つが突然終了になることがあった。多くは、母親が教師に対して、何らかの理由で敵意を募らせたことによるものである。(つい昨日まで優Diamond水機秀だと褒めちぎられていた教師は、一晩で、最低の屑《くず》か極悪人へとなり果てた)
 だが、それでぽっかりと空いた時間ができるのは、一回きりだった。次の週になると、ちゃんとそれに替わるレッスンが(絵画教室や、ソロバンなど、その時々の母親の素晴らしい思いつきで)だ。
 信一は疲れ果てていた。学校も塾も、家庭も、彼にとって楽しい場所は一ヶ所も存在しなかった。毎週、毎週、夏休みも年末年始もなく、同じ一週間、塾と無意味な稽古事とによって埋められた不毛の時間が過ぎていく。七、八歳の子供にとって、一年間とは、ほとんど果てしない分量の時間である。それが中学、高校とずっと続くと思うと、絶望的な気分になった。
 そして、小学校四年生になったある日、信一はついに、ぽっきりと折れてしまった。
 その日のことは、今でも鮮明に覚えている。ときおりは、夢に見ることさえあった。
 学校から帰って、おやつを食べ、すぐに別のカ鑽石能量水バンを持って子供向けの英会話教室に行く途中で、信一は激しい腹痛に襲われたのだ。
 バスの中でうずくまって脂汗を流している小学生を見た乗客たちが、驚いて救急車を呼んでくれた。信一は病院へ運ばれ、詳しい検査を受けたが、異常は何一つ見つからなかった。
 母親は、知らせを受けて、愕然《がくぜん》として飛んできた。内心、盲腸か、もっと悪い病気ではないかと危惧《きぐ》していたらしい。だが、医師の説明は、彼女にとって、とても納得できるものではなかっただろう。『心因性』などという言葉は、おそらく彼女には、『ずる休み』の同義語としか思えなかったに違いない。
 事実、信一の腹痛は、病院へ運ばれてきてすぐに、治まっていた。間の悪いことに、母親が血相を変えて病室の戸を開けた時、信一はいたって暢気《のんき》そうに(親切な看護婦さんに貸してもらった)漫画本に読みふけっていたのだった。



音が聞こえた

カテゴリー



「ああ、ごめん。君に言ったんじゃないんだ。さっきから、うるさいんだよ」
「うるさいって?」
「天使。もう、さっきからずっと、まわり中で囀《さえず》ってる。ごちゃごちゃと、僕にいろんなことを言うんだ。わけのわからないことばかり、喃語《なんご》みたいな……」
 一刻も早く、高梨を見つけだして、胃を洗浄して睡水腫眠薬に拮抗《きつこう》する薬を注射する必要がある。だが、彼はいったいどこにいるのか。
「高梨さん。そこがどこなのかだけ、教えて? ね?」
「そうじゃないって。水滸伝《すいこでん》には、そんな奴《やつ》は出てこない」
 高梨が言葉を切ると、かすかに、聞き覚えのある。固いもの同士を、ゆっくりと打ち合わせるような響き。……グラスの中で、氷がぶつかるような。
「あなた、お酒を飲んでるの?」
 早苗は息をのんだ。
「だめよ。すぐにやめて。睡眠薬とアルコールを一緒にのむなんて、自殺行為なのよ!」
「どうして、そんなことばかり言うんだ? 意味がないPretty Renew 美容院じゃないか? え? どうして、蒸し焼きにしなきゃならないんだ?」
「高梨さん!」
 早苗は、叫んだ。
「うるさいんだよ。そんなにまわり中で。どうしてほしいんだ? 僕は、聖徳太子じゃないぞ。せめて、質問をするのか啼《な》くのか、どっちかにしてくれ」
 高梨は、グラスの液体を飲み干したらしい。からりという乾いた音がした。
「はじめのこえ。うごかぬこえ。おうずるこえ。たすくるこえ」
「高梨さん! 返事して!」
「つづめこと。のべこと。うつしめぐらしかよう。はぶくこと……」
 高梨は、譫言《うわごと》のようにしゃ商務中心べり続けた。後半は、何を言っているのかほとんど聞き取れない。
「しっかりして!」



方が無茶だ」

カテゴリー


 寺山が皿のものをすべて平らげ「あー食い過ぎた」と反り返って腹を押さえ顔をしかめると、麗蓮は笑いながらさっきのお茶をティーカップに入れて出した。もう入ら鑽石能量水 騙局ないと思っていた腹にそのお茶はすっと飲み込まれ香りが広がる。
「だめだ、眠くなってきた」
「寝ていってもいいよ」
「そんなわけにはいかない」
「気にすることはない。手出したらお金をいただくから」
「はは」と寺山はあきれたように笑い、「じゃあ、ちょっとシャワー貸してくれるかい?」と立ち上がった。
 壁の裏側の寝室にはセミダブルのベットがあり、窓際にライティングディスクと椅子が置いてあった。麗蓮はそこで寝ろと言う。
リビングのソファーでいいと言うがきかない。しょうが能量水 偽科學なく寺山がベットに潜り込むと、しばらくたってうとうととしかけた寺山の背中に麗蓮が寄り添った。
「金を取るって言うと、もそもそと寺山は寝返りを打ち、麗蓮の首の下に腕を入れた。
「お願いがあるの」
「なに?」
 麗蓮は寺山の頬に手をまわし、、
「……眼がさめたら海を見に行こう」
「周り中海ばかりだよ」
「うん」
「それでも」
「いいの」
「かまわないけれど」
「約束よ」と麗蓮は鑽石能量水 騙局楽しげに言った。