笑い出した

カテゴリー



 依田の鋭い眼光と勢いに押されるように、早苗は答えた。依田は、急に我に返ったような苦笑を見せた。
「いや、失礼泡菜 食譜しました。あなたに文句を言ったって、しかたがないですね」
「どんどん、言ってください。私の仕事は、人の悩みを聞くことですから」
 依田は、しばらくぽかんとした顔をしていたが、。
「あなたは、なかなか面白い人ですね」
「お褒めにあずかったものと、解釈しておきます」
 早苗は、三眼顕微鏡や、小さなプラスチックのシャーレなどが置いてある机の上に目をやった。
「渡邊先生から伺jacker薯片ったんですが、依田先生は……」
 依田は、顔をしかめた。
「先生っていうのは、やめませんか。こっちもあなたを先生と呼ばなきゃならなくなる。小学校の職員室じゃあるまいし、お互いに『先生』、『先生』と呼び合うのは滑稽《こつけい》だ」
「では、依田さんは、『線虫』の専門家と伺ったんですが」
「ある意味では、そのとおりだが……。あなたは、線虫については、どの程度ご存じですか?」
「ほとんど何も。一応、大学で寄生虫病に関する講義は受けましたが」
 依田は、また、鼻を鳴らした。
「最近の医学部では、まだ、講座があるだけましだな。じゃあ、まず、私がふだん研究に使ってる線虫を、見せましょう」
 依田は、机の上からシャーレをひとつ取ると、早苗に手渡した。依田は、強面《こわもて》の風貌《ふうぼう》にもかかわらず、意外に白くきれいな指をしていると思う。
 早苗はシャーレを手に取って目を凝らしたが、空にしか見えなかった。
「どこにいるんですか?」
「中央に、小さな糸屑《いとくず》のような物が見えるでしょう?」
 さらにシャーレに目を近づけると、長さ一ミ幫助消化リほどの、髪の毛よりもずっと細い物体が見えた。かすかに動いているのがわかる。蓋《ふた》の閉まった容器の中だから、空気の振動によるものではない。
「線虫って、こんなに小さいものなんですか?」
「まあ、種類にもよるんだが」

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。