方が無茶だ」

カテゴリー


 寺山が皿のものをすべて平らげ「あー食い過ぎた」と反り返って腹を押さえ顔をしかめると、麗蓮は笑いながらさっきのお茶をティーカップに入れて出した。もう入ら鑽石能量水 騙局ないと思っていた腹にそのお茶はすっと飲み込まれ香りが広がる。
「だめだ、眠くなってきた」
「寝ていってもいいよ」
「そんなわけにはいかない」
「気にすることはない。手出したらお金をいただくから」
「はは」と寺山はあきれたように笑い、「じゃあ、ちょっとシャワー貸してくれるかい?」と立ち上がった。
 壁の裏側の寝室にはセミダブルのベットがあり、窓際にライティングディスクと椅子が置いてあった。麗蓮はそこで寝ろと言う。
リビングのソファーでいいと言うがきかない。しょうが能量水 偽科學なく寺山がベットに潜り込むと、しばらくたってうとうととしかけた寺山の背中に麗蓮が寄り添った。
「金を取るって言うと、もそもそと寺山は寝返りを打ち、麗蓮の首の下に腕を入れた。
「お願いがあるの」
「なに?」
 麗蓮は寺山の頬に手をまわし、、
「……眼がさめたら海を見に行こう」
「周り中海ばかりだよ」
「うん」
「それでも」
「いいの」
「かまわないけれど」
「約束よ」と麗蓮は鑽石能量水 騙局楽しげに言った。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。