した迫力もな

カテゴリー

「例の飯山大学病院の『セフィロゾール』の件、どうなってる?」
「あ、はい。薬局長の承認はもらってますので、あとは福山ドクターの許可を得られれば―――」
「そんなことは分かっている! ドクターへのアプローチはどうなっているかと訊いているんだ」

喬允の返答を苛立たしげに遮って、近田は一方的に鑽石能量水 問題追及した。薄くなりかけた生え際をがしがしこすって、喬允を威圧的に見下ろす。尤も、痩せぎすの小男である近田には大いのだが。喬允は淡々と、

「はい。何度か医局で面会させていただきました。お陰で、顔と名前は覚えてもらえましたよ。今度、ランチを兼ねた説明会を開く予定です。その準備を進めているところで」
「顔を覚えてもらっただと? 正気か? 君は。『セフィロゾール』だぞ。第三世代よりスペクトラムが広い第四世代セフェムだぞ。採用が決定すれば、年間五億、いや六億の売り上げが―――」
「お言葉を返すようですが、スペクトラムが広いからこそ、処方にはより厳密さが求められるのではないでしょうか」

今度は喬允が言葉を遮った。本当なら、こちらこそ『正気か?』と返してやりたいところだった。

『セフィロゾール』は第四世代セファロスポリンの抗生剤で、喬允が勤める出水製薬が現在最も売り込みに力を入れている新薬だった。

第三世代に比べて抗菌スペクトルが広い、簡単に言えば薬の作用nuskin 如新範囲が広い。だから近田が言うように大量の処方が見込めるのかもしれないが、喬允はその考え方には賛同しかねた。

副作用の懸念ももちろんだが、抗生剤使用の裏には、耐性菌の問題があるからだ。

どんな強力な抗生剤でも、それに対する耐性を持った菌は必ず生まれる。その耐性菌を殺すためのさらに強力な抗生剤を開発しても、耐性菌の方もそれに合わせて進化する。これでは全く埒が明かない。

抗生剤の濫用が耐性菌の進化を助長していると言われても仕方ない状況が、現在起きているのだ。

それにもう一つ。近田は“顔を覚えてもらっただけ”と考えているようだが、相手は大学病院の外科部長。面会まで漕ぎ着けるのにどれだけ苦労したか。いつ訪問しても、医局前の廊下には鑽石能量水 騙局面会待ちの他社MRがずらっと並んでいる。もちろん、会ってもらえるという確証などない。

そんな中で何度も面会し、顔と名前を覚えてもらい、説明会の約束まで取り付けたのだ。よくやったと労いの言葉の一つも欲しいくらいだった。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。