私を守るため

カテゴリー

まだ、ぴんと来なかった。今まで敵だと思っていた人が父なんて。でも、父とわかったらやっぱり会ってみたい。
 宇宙船は急速に近づいてきた。
「あの宇宙船はあなたを迎えにきたのよ」
「私を迎えに?」
 ほとんど信じられなかった。

 宇宙船が頭上すぐ上に来て止まった、近くに来ると韓國 食譜その巨大さに圧倒される。頭の上に屋根ができたみたいで下は暗くなってしまった。
 宇宙船の下に通路が開いて、そこから、ぱらぱらと兵士が飛び出してきた。その中を一人の男が足早にこちらにやってきた。
「ルニー・テルトンさん?」
「はい」
 母がうなづく。
「では、この子が」
「そうです」
「では、急いで、ルビル軍の攻撃がいつ始まるかわかりません」
 その男に急かされて二人は足早に宇宙船の中に駆け込んだ。今の今までドラール軍收副乳の宇宙船に逃げ込むことがあるなんて考えたこともなかった。
 中に入るとすぐに床が揺れるのを感じた。離陸したみたいだ。
「あの、全部、家に置いたまま……」
 家から、何一つ持ってきていない。
「姫君、ご安心ください。あの家の品物はあとで全部運んでおきます」
 一瞬、誰に言ったのか分からなかった。姫君がこの近くにいてその人に言ったと思った。
 『姫君』が自分のことだとわかると、ちょっとこそばい気分だ。ドラール皇帝の娘なら姫君になるのか。
「ルビル軍の攻撃を受けると危険なので、緊急に離脱中です。もちろん姫君が御乗艦なので千機の戦闘機が本艦を護衛しています」
 『御乗艦』とか『護衛』とか言われると不思議な気分になってしまう。に千機の戦闘機が護衛している。どこか偉くなったような気がする。
「申し遅れましたが、私は艦長のミルと申します」
 ミル艦長はキチッと姿勢を正すと敬礼した。
「では、お部屋にご案内します」
 ミル艦長について艦内の通路を歩いた。途中何度も角を曲がって進む。一人で歩いたら絶対に迷子になりそうだ。やがて、広い部屋に案内された。
「ここが姫君のお部屋です。少し狭いですが何せ本艦は軍艦ですのでご辛抱をお願いします」
 これで狭い? 今まで住んでいたタラントさんの家の詩琳居間の何倍も広い。
 部屋の中に駆け込んだ。すばらしい部屋だ。大きな窓からはルビル星が見える。ルビル星はどんどん小さくなっていた。
「ここは、軍艦に賓客をお乗せした時に使う特別の部屋です」

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。