方が無茶だ」

カテゴリー


 寺山が皿のものをすべて平らげ「あー食い過ぎた」と反り返って腹を押さえ顔をしかめると、麗蓮は笑いながらさっきのお茶をティーカップに入れて出した。もう入ら鑽石能量水 騙局ないと思っていた腹にそのお茶はすっと飲み込まれ香りが広がる。
「だめだ、眠くなってきた」
「寝ていってもいいよ」
「そんなわけにはいかない」
「気にすることはない。手出したらお金をいただくから」
「はは」と寺山はあきれたように笑い、「じゃあ、ちょっとシャワー貸してくれるかい?」と立ち上がった。
 壁の裏側の寝室にはセミダブルのベットがあり、窓際にライティングディスクと椅子が置いてあった。麗蓮はそこで寝ろと言う。
リビングのソファーでいいと言うがきかない。しょうが能量水 偽科學なく寺山がベットに潜り込むと、しばらくたってうとうととしかけた寺山の背中に麗蓮が寄り添った。
「金を取るって言うと、もそもそと寺山は寝返りを打ち、麗蓮の首の下に腕を入れた。
「お願いがあるの」
「なに?」
 麗蓮は寺山の頬に手をまわし、、
「……眼がさめたら海を見に行こう」
「周り中海ばかりだよ」
「うん」
「それでも」
「いいの」
「かまわないけれど」
「約束よ」と麗蓮は鑽石能量水 騙局楽しげに言った。



磨かれたワイ

カテゴリー

 ドアを開けると直ぐにリビングがあり、一枚板の大きなテーブルがある。奥がキッチンで麗蓮はキッチンからビールと簡単なつまみを持って来て「待ってて、直ぐに用意するから」とテーブルの上にグラス數學補習名師とそれを置いた。
 テーブルの脇にはサイドボードがあり、ングラスが並んでいた。リビングの隣にもう一つ部屋があるらしく、白い壁が奥の方で切れていて、
その向こうで隣と繋がっていた。娼婦の部屋にも見えないし、女一人の部屋にも見えない。窓からは製紙工場が真正面に見える。山は麗蓮が注いでいったビールのグラスに口をつけた。つまみは川エビの唐揚げ。「暖め直しただけだけれど」と麗蓮がテーブルの上に皿を並べた。酢豚とエビのチリソース炒め、青梗菜の炒め物にイカのあんかけとチャーハン。それにガラスの器に入った杏仁豆腐。
「こんなに食べきれないよ」
「男でしょ。男はたくさん食べなくちゃ」と麗蓮はそれぞれの皿に取り分けながら「中国の男はよく食べる。豪快。みんな山盛り。強い男はよく食べるものよ」と微笑んだ。
「君もビールを」と瓶を傾けながらむし水解蛋白ゃむしゃ食い続ける寺山を麗蓮は楽しげに見つめた。
「この間はごめんなさい」
「絡まれているのかと勘違いしてね」
「気になっていたの」
「そのお礼?」
「うん、でも……いつも見ていた。走るところ」
 寺山は食事の手を止め、ビールの口に運びながら麗蓮を見た。
「君の目の色、コンタクトかい?」
 麗蓮は小首を傾げ微笑し、
「ええ、なぜ?」と言った。
「あのときはしていなかったね」
 麗蓮はわずかyou beauty 投訴に微笑んで、「嫌い」と訊いた。
「いや」寺山はそう言うとまた食べ始めた。