もう見えなかっ

カテゴリー

今度は湧奈も疑問を感じたようだ。
「明里のことなんだから要が入ってくることないんじゃ」
「私のことだもん」
「……へ?」
伸羅と湧奈は、同時に言った。
「……へへっ」
明里は誤魔化そうLumiere脫毛と笑った、が誰にも通用しなかった。
「余計なお世話だよね、それ」
湧奈は明里に説教し始めた。
「……で、どうする?」
伸羅は、一応要に聞いてみた。
「修斗に何か用あるんでしょ?」
「……」
要は少し考えるような様子を見せていたが、
「……よく会う?」
「うーん、最近はあんLumiere脫毛まり会わないなあ」
「そう……」
「ああ、でも、会おうとすればいつでも会えると思う」
「じゃあ、さ。これ、渡してもらったりできる?」
少し厚みのある封筒だった。
「え?ああ、いいけど……これは?」
「えっと、夢……」
それだけ言うと、要は下を向いてしまった。
「……?そう、分かった」
「お願いします!」
「!あ、ちょっと!?」
次の瞬間、要は立ち上がり、店を飛び出していった。
「いい?あんたさあ……って、え!?」
「要!?」
湧奈と明里も驚き、そちらの方を見たが、要の姿は、た。
「……伸羅、要Lumiere脫毛に何言ったの!?」
「え!?何も言ってないって!」
「ホントに?」
「あたし、行くよ。ちょっと心配だし」