について相談を受

カテゴリー │Dream beauty pro

 彼女はテーブルの上で新聞を開いた。スポーツ欄の一角に、『五輪代表狙う東西化学の三選手』という記事があった。
「ふうん、三人もいい選手がいるのか」
 その記事は、東西化学陸上部に所属している三人の女子マラソン選手を紹介したものだった。ベテランの山本和美、一万メートルから転向した堀江順子、米国留学から帰った新韓國 午餐肉鋭田代由利子が、同チーム内で熾烈《しれつ》な争いを展開しているとある。現在では伸び盛りの田代がリードしている模様だが、まだどうなるかはわからない――。
「バルセロナ目指して大切な時期だ。こんな時に今度みたいな事故があるとは、東西化学もついてないな」
 新聞を畳みながら織田はいった。
「コーチがそんなことになっちゃ、選手も落ち着かないでしょうしね」
「他のチームが喜んだりしてな」
 織田はハムサンドをかじった。「ところで我々の旅行の準備はどうだい?」
「完璧よ」
 新婚旅行の話題に移って、靖子は目を輝かせた。「回りたいところを全部チェックしたわ。ちょっと強行軍だけど、一週間しかないんだもの、仕方ないわね」
「オアフ島を中心にするんだろ」
「そう。ホノルル空港でレンタカーを借りるの。運転、がんばってね」
「それより英語が心配だよ」
「何いってるの。ハワイで英語を使ってる日減副乳本人なんて、殆どいないわよ」
 もうすでに何度もハワイに行っている靖子は、からからと明るく笑った。
 昼食後、織田は二時間ほど仮眠した。その間靖子は家具の配置を検討していたようだ。明日はいよいよ彼女の荷物が、この狭い2DKのアパートに運び込まれるのだった。
 起きてから織田は電話を一本かけた。例の大学の助教授にアポイントメントを取ってみたのだ。幸い、今日ならいいという返事だった。
「なんだ、せっかく掃除を手伝ってもらおうと思っていたのに」
 むくれる靖子を残し、織田は自分の車に乗ってアパートを出た。
 
 丸山助教授は、小柄だが筋肉の張ったスポーツマンタイプの男だった。尋ねてみると学生時代は水泳の選手だったということで、織田は合点した。
「トレーニングのやり方けたのです。中野さんがお一人でお見え香港旅行社になりました。夜になったのは、昼間はお互いに忙しいからです」
 高倉と同じことを助教授はいった。
「ここへは何時頃来られたのですか」
「ええと、九時頃だったかな」
「ここを出たのは?」
「十二時頃でした」
「ずいぶん長い間話をされていたのですね」
「それはまあ、いろいろとありますから。――そのことが事故と関係あるんですか」
 少し質問が立ち入りすぎたようだ。丸山は不快そうに眉をひそめた。
「いや、ちょっとお訊きしただけです。ところで中野さんは、ここを出てからどこかに行くようなことをおっしゃってましたか」
「いえ、別に。真っすぐに寄宿舎の方へお帰りになったはずです。あまり遅くなると、翌日の練習に差し支えますから」



最是相思断肠人

カテゴリー │Dream beauty pro




愛綿綿,情纏纏,愁緒思裏生,心語暗中藏,低眉淺笑顏色淡,恩愛萬般羞海棠。思緒流轉巫山雨,斑竹滴淚訴衷腸,更深漏盡,梨花帶雨皆嬌含。

夢裏相逢緣遲遲,折花恨晚歎絲絲,試問君郎,落花癡心隨流水,歸舟可敢載嬌娘?

窺窗寒月掛桅欄,閨影孤燈相映殘,秦時明月商時雨,人面桃花已滄桑。守望明月灑清輝,慘照三更寒愈寒,冷淚浸濕紅棉枕,回眸離人恨恍然。情哪堪,西樓鎖盡憂傷。

酣困憔悴嬌嬌眼,欲開還難閉,情傷忍數度,又被黃鶯呼起。路迢水長,關河冷落,夢隨西風,尋郎去處。

最是無情東流水,一去不回頭,相逢盼穿桃花潭,對望回眸淚己幹。廝磨耳鬢萬千言,猶昨日,依依訴衷腸,近在耳旁。

情為何物?生死相許,是誰能說圓方!

情似江河水,一泄攔不住,愁墜寒階傷心碧,醉裏扶欄顧。霧散千山綠,花紅溪湛藍,茫茫人海情何在,愛到濃時更孤單。但見水天鷗鷺飛,歸帆影裏站情郎,春風吹雨柳如煙,眉梢喜蕩漾,撫過川草幽澗處,成雙蝴蝶,驚起無數。



無奈的掛礙

カテゴリー │Dream beauty pro


曾經,一直以為世界上只有永恆,卻未曾看透這煙雨朦朧的尋覓。面朝大海,春暖花開;那只是一直以來所期盼的意境。還記得那時、那海、那人的背影,在那片一直以來在心底被封塵的海岸。更不知

道過了多久,時間讓我淡忘了那時的場景,時間讓我繞過了那片海岸,時間更是模糊了那人的背影。

你不經意的轉身離開,是我心海裏最無奈的掛礙。不想曾經用生活編織著美好,而今卻用時間來追尋那片海岸的寂寥。

曾經滄海難為水,除卻巫山不是雲。你可曾知道眼中的一切都是枉然,你才是那片海岸的主角。我未曾離開,而你的心是否還在。

時間,一點一滴的編織著海岸上的時光。如今,那片海依然蔚藍,樹木卻是更加繁盛。海岸上的燈火還是為人們不曾熄滅,那離港的漁船,伴著這點點星火而回歸港灣。你猶如離港的小船,駛向哪里,

哪里就是我的牽盼。因為,我依然在這裏等你歸來,等到海岸蒼翠、等到萬家燈火、等到春去春來......我依然擁有著這片海,擁有著他的蔚藍,始終不變。

漸漸的,海沒有老去,時間沒有老去,我的心沒有老去,老去的是這片海岸的蒼翠。

春去春來,又暖了海岸的氣息,海鷗的歸來不曾捎來你的離去。我還在等什麼,等待種子般發芽的奇跡,等著那個曾經留下承諾的語氣。

慢慢的,海岸老去,時間讓我的記憶老去,我的心也開始老去,最終不曾老去的是我的思念。

冬去冬來,海岸披上淡淡的素衣,海鷗也已經離我而去。我還在等待什麼,等待素衣輕解時的暖意,等待那身影轉來的氣息。